「太山寺原生林に除夜の音がこだまする。」

●12月31日午後11時30分開門。

 開門と同時に住職がつく第1打に続き、参拝者に自由に鐘をついていただけます。


108つ以降も自由につくことができます)









●1月1日〜7日

 世界平和、国家安泰、五穀豊穣を祈願し修正会法要がとり行われます。















●1月7日午後2時〜4時頃

 国宝の本堂内に於いて1月1日より7日まで行なわれる修正会の結願として、走り鬼と3匹の太郎鬼、次郎鬼、婆々鬼が松明を持ち、大太鼓の音に合わせて踊り、悪霊退治する。
  安土・桃山時代より伝わる伝統行事です。











●5月12日 午後2時〜3時半ごろ

 私たちが「死」に至ったとき、阿弥陀様が西方浄土から二十五の菩薩をつれてお迎え下さるという、いにしえの語り伝えを現した行事で、僧侶、稚児と行列をつくってお経をよみ、仏讃歌を唱えてお練りをする珍しい法要です。
 正式には、「二十五菩薩聖衆来迎引摂会」といいます。








●5月8日

 月遅れのお釈迦様お誕生日のおまつりです。

また11時より護摩堂前で採燈大護摩を焚き世界平和を祈願します。
















 太山寺搭頭の一つである安養院の庭園を特別公開します。神戸市内唯一の国指定名勝庭園で、平成8年秋に整備が完了し、期間を限定して公開しています。
 書院前庭として作られた庭園は安土・桃山時代の枯山水庭園・書院は19世紀前半に建てられた民家を移築したもので、かやぶき屋根、いろりも設置しています。
・入山料 300円
希望者には500円で、和菓子と抹茶の接待あり。

公開日
   4月27日〜5月5日
   11月15日〜30日